あなたの関わりは、情報交換? コミュニケーション?

woman_smiling
あなたの関わりは、情報交換? コミュニケーション?

コミュニケーションとは
人間の間で行われる知覚・感情・思考の伝達
情報の伝達だけが起きれば充分に成立したとは見なされておらず、
人間と人間の間で、《意志の疎通》が行われたり、
《心や気持ちの通い合い》が行われたり、
《互いに理解し合う》ことが起きて、
はじめてコミュニケーションが成立した、とされている

このようにWikipediaには
概要として書かれています。

 

 

つまり
どういうことかというと…

 

 

 

shutterstock_237178786
『ここ間違ってるぞ!!』

 

 

bounenkai_warai

 

『ここ間違ってるぞ^^』

 

この違いです!

 

つまり、同じ言葉を使い
『ここ間違っているぞ』を伝えています。

 

しかし、伝え方として
言葉以外の
非言語の部分に違いがあります。

 

一方は
すごい剣幕で
いかにも怒りを表すように。
(声が大きくて、低く捲し立てるよう)

そして、もう一方は
ニコニコして
柔らかい雰囲気で伝えています。
(声は穏やか、抑揚がある感じ)

 

成果を出すためのコミュニケーション

どちらが良い・悪いという話ではありません。

ただ、相手の間違いを指摘することで
どのような成果を上げていきたいのかということです。

 

あなたは
前者のような言われ方をして
仕事に対してヤル気が出ますか?

この人のために
一生懸命に努力しようと思いますか?

 

コミュニケーションとは
言葉以外の部分で行われることが93%です。

 

言葉の意味を
どのように伝えるかで
相手は様々な反応をすることでしょう。

 

最も成果の出やすい状況は
リラックスできているが
ほどよく緊張できる状況です。

 

相手を過度に緊張させてしまったり
萎縮させてしまっては
間違いなく良いパフォーマンスは生まれませんよね。

 

逆に、リラックスさせすぎてしまっても
よくありません。

 

リラックスしすぎず
緊張しすぎずの
適度な状態へと導く
コミュニケーションをとることが
とても重要なことです。

 

患者さんとのリハビリでは?

患者さんにとっても一緒です。

どのように伝えれば
成果の出やすい状態になるのか。

そういった視点を持って
患者さんに関わると
驚く程にリハビリが進むことがあります。

 

患者さんの気持ちの状態というのは
とても重要だということを
よく感じさせてもらえます。

 

 

 

『がんばって』

 

 

 

 

 

x20100504angry.jpg.pagespeed.ic.lHxYbx0Ujf

 

 

 

woman_smiling

 

 

あなたはどのような状態で患者さんへ伝えていきますか?

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る