お金をかけずに自宅でがっちり集客!?

20160510-blog-001-690x460

これまで地方セミナー講師として
どのようにビジネス構築をするべきか
たくさんの話をしてきました。

====================

①時間を自由にコントロールして
豊かな生活を手に入れる
⇒ http://eminal.info/20160819-2/

②100人をドカっと集める方法
⇒ http://eminal.info/20160820-2/

③10~50万を売り上げる仕組み
⇒ http://eminal.info/20160822/

④受講者を本気にさせるセミナーとは?
⇒ http://eminal.info/20160822-3/

====================

今回は、これまでの内容をまとめて
これからの地方セミナー講師が
どのように戦略を立てて行けばいいのか
を、話したいと思います。

 

ずばり言ってしまうと

インターネットでセミナーを
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
開催するということです
 ̄ ̄ ̄

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

つまりwebセミナーですね!
これに限ります!!

 

なぜなら、日本中から集客できるので
大量の受講者を募ることができるからです。

 

そして、自宅にいながら
一歩も外に出ずに
10万、30万、50万円という売上を
叩き出すことができるのです。

 

 

はっきり言って、見込み客の少ない開催地で
集客できないと困っているのであれば
絶対にwebセミナーを開催するべきです!!

 

 

その理由として、
現在のパソコンの世帯普及率が80%
スマートフォンの所有率は71%と
インターネットがかなり身近な存在になりました。

 

 

この高齢化社会と言われている中でも
日本国民の老若男女は
インターネットを使って生活しているのです。

 

つまりインターネットを使って
セミナーを発信していくことが
これからの地方セミナー講師が
飛躍するか、しないかの分岐点となるのです。

 

 

この手法の良い点は、インターネットを使い
あなたは業界の中で一気に
認知度が高まることです。

 

 

認知度が高まることで、影響力のある存在になります。

 

 

そして、影響力のある存在になると
従来の地方セミナーを開催しても、
ネームバリューによって、集客が見違える程
簡単になっているはずです。

 

 

この方法は、私以外にもたくさんの成果を上げている
方々がいます。

 

 

例えば、
大学生の子供を持つ母親が
2週間で35万円を売り上げたり、

 

 

webが苦手なマダムが100万円を売り上げたりと
非常に再現性のある手法なのです。

 

 

ほんとうに魅力的なビジネスだと思います。

 

 

その魅力を簡単にまとめると

①爆発的な集客

②爆発的な売上

③影響力を手に入れる

④自宅にいながらすべて完結

⑤スタッフが必要ない!

⑥顧客リストが集まる

⑦簡単3ステップ

⑧webマーケティングの原理原則を知り
 どんどんステージが上がる

ざっと挙げただけでも
これだけの魅力が詰まっています。

 

「魅力的なことはわかるんだけど
 インターネットでセミナーは自分には・・・」

 

 

そういう声も聞こえてきそうですね(^^;

そういう気持ちも分かります。

 

 

例えば、
①自分はまだまだインターネットでセミナーするような人間ではない
②インターネットが苦手
③お金がかかるんでしょ?

 

 

このようなことに悩んでいるのであれば
まったく心配ありません!

 

伊藤が開発したノウハウは
①あなたにしか救えない人をターゲットにして、実績を作り
②インターネットが苦手な方でも簡単に出来て
③ほとんどお金がかからない方法

 

 

で、インターネットセミナーを開催します!

 

これらのノウハウを
ようやく仕上げることができました!
(本当に大変でした・・・(;´Д`))

 

このインターネットを使った手法を
伊藤は【次世代型セミナービジネス】と
読んでいるのですが

 

やっとあなたのもとに
このノウハウをお伝えできると思うと
非常に心弾みます♪♪

 

このノウハウを
もう少し、補足説明をさせてもらい
来週には発表させていただきますので
楽しみにしていてください!!

 

あなたも
がっちり100人を集客して
売上を10万、30万、50万円と積み上げ
時間もお金も手に入れる
【次世代型セミナービジネス】を
構築しましょう!!

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2016年 8月 25日
  2. 2016年 8月 26日

CAPTCHA


ページ上部へ戻る